日本酒のカロリーもう気にしない!女子こそ飲んで欲しいその理由とは?

日本酒の変態 KAZU

唎酒師(ききさけし)の資格を持つウマヅラの男。どうも日本酒の変態 KAZUです。寝ても覚めても日本酒のことばかり考えて生活中。

詳しいプロフィールはこちら

美味しい日本酒について語り合えるコミュニティーをこっそり作りました!匿名で参加できるので、ぜひ日本酒を飲みながら語り合いましょう!

コミュニティーの詳細はこちら

あなたが出会えている日本酒は「めちゃくちゃ少ない」という現実
実は、私たちがスーパーなどで身近に出会える日本酒は、日本酒全体からみればほんの少しなんです。いろんな日本酒が飲んでみたい、そう思いながらネットで検索する日々は今日で終わりにしましょう!

私は全国にあるたくさんの日本酒を自分で探すことなく、毎月新しい銘柄を楽しんでいます。しかもプロによって選ばれた美味しい日本酒が毎月楽しめたら嬉しくないですか?
>>プロが厳選した全国各地の美味しい日本酒を楽しむ方法!

日本酒はカロリーが高いって聞いたことあるんだけど実際どうなの?あまりいいイメージもないし飲むメリットって何かある?

このような疑問にお答えします。

うだるような暑さ。キリッと冷えた日本酒が美味しい季節ですよね。美味しいおつまみと一緒にクイッと一杯。さらにもう一杯(笑)日本酒女子にはたまらない、まさに至福の時間です。

でもここで気になるのが「日本酒のカロリー問題」。みなさんも「日本酒は太る」とか「日本酒はカロリーが高い」という噂を一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

さらに日本酒は「悪酔いする」「二日酔いになりやすい」「体によくなさそう」「男性向け」などなど、カロリー問題以外にも女子にとってはマイナスのイメージが多く敬遠されがち。

そこで今回は日本酒のイメージアップを図るべく、女子には嬉しい「太りづらい飲み方」や「日本酒の効果」さらにはカロリーオフのおすすめ日本酒についてご紹介します。

この記事を読めばあなたの日本酒に対するイメージも180度変わって、カロリーを気にすることなく美味しく飲めるはず。では早速みていきましょう。

日本酒が太ると言われる理由

日本酒は太りやすいと思っている人の多くは日本酒の原料がお米だからという理由ではないでしょうか。お米は炭水化物。糖質も多いですよね。しかも日本酒はビールやワインと比べると独特な甘みもあります。太りそうなイメージ…確かにあります。

日本酒が太るといわれる理由は他にもあります。そして実はこれこそがまさに太る原因なんです。それは「日本酒がどんな料理にでも合ってしまうので料理やおつまみもをつい食べ過ぎてしまうから」ということ。なんて罪深いんでしょう(笑)

たくさん飲んでたくさん食べればカロリー過多。そりゃあ太ります。でも夕食時、ご飯一膳に適量のおかずを食べている分にはきちんとエネルギーを消費できるので太りませんよね。痩せることもないですが現状維持はできます。

結局のところ日本酒もおつまみも適度な量であれば太ることはないんです。何でも適量が大事ということですね。

日本酒のカロリーってどれくらい?

先ほどの話からもわかるように日本酒=太ると思われがちですが、では実際どれくらいのカロリーがあるのか他のお酒と比べてみましょう。ちなみにこれはお酒1杯に含まれるカロリーです。

・純米酒一合 200kcal

・ワイングラス1杯 90kcal

・中ジョッキ1杯 145kcal

・焼酎ロック 70kcal

・ウイスキー(シングル) 75kcal

これだけ見ると確かに日本酒のカロリーは高いような気がします。でも実際に飲む量を加味するとどうでしょう。

日本酒はちょびちょび時間をかけて飲みますがビールは中ジョッキでも一気にごくごく飲んでしまいます。そして「おかわり~!」となります(笑)。ワインもきっと2杯ぐらい普通に飲んじゃいますよね。私はワインも好きなので確実に3杯は飲みます。

一般的にアルコールの度数が低いお酒はたくさん飲んでしまいがちなので、飲む量によっては日本酒1合のカロリーをはるかに超えていることが多いんです。そう考えると一概に日本酒はカロリーが高くて太りやすいとは言い切れないことがわかっていただけると思います。

太りづらい飲み方とは

日本酒は他のお酒と比べて特別カロリーが高いというわけではないというのはわかっていただけたかと思います。でも同じ日本酒を飲むにしても、もし太りづらい飲み方があるとしたら…。誰だってそっちの方がいいに決まっていますよね。

ここではカロリーを気にする女子に試して欲しい飲み方についてご紹介します。ちょっと工夫するだけで太りづらくなるので是非試してみて下さい。

燗酒(かんざけ)で飲む

日本酒に限らず冷たい飲み物や食べ物を口にすると当然体が冷えますよね。すると人の体は自己防衛の為に脂肪を貯めこもうとします。血流も代謝も悪くなります。実はこれが太る原因の一つ。

逆に体が温まると新陳代謝がよくなりカロリーを消費しやすくなります。夏場はついつい冷たい物を選びがちですがカロリーの事が気になる場合は燗酒を選ぶとよいでしょう。

燗酒とは加熱したお酒の事で温度帯によって「熱燗」、「ぬる燗」、「上燗」など呼び方が変わります。ちなみに常温は「冷や」と呼びます。(冷たい日本酒の事じゃないのでご注意ください!)

冷たいものから温かいものまで幅広い温度帯で飲めるのが日本酒の魅力の一つ。燗で飲むことでさらに日本酒の香りや味わいに変化も出てきます。美味しく飲んでしかも太りづらいとくれば一石二鳥ですよね。

和らぎ水(やわらぎみず)と一緒に飲む

あまり馴染みのない言葉で初めて聞いたという人もいるのではないでしょうか。和らぎ水とは日本酒を飲みながら合間に飲む水のことを言います。いかにも体に優しそうな素敵なネーミングですよね。

和らぎ水の一番の目的は悪酔い防止ですが、日本酒と水を交互に飲むことで満腹感を得られその結果飲みすぎ防止につながります。さらにお口の中をリセットする効果もあるので水を一口飲んでスッキリさせれば次の一杯や料理がさらに美味しくいただけますよ。

和らぎ水として飲む水は特別な水ではなく水道水やミネラルウォーターなどが一般的ですが、もし和らぎ水にもこだわりたいという人は日本酒造りに用いられる「仕込み水がおすすめですよ。仕込み水は蔵元が酒造りの為に厳選した名水なので美味しいお水であることは間違いなしです。

ここで注意して欲しいのが水の温度。間違っても氷の入った冷たい水を飲まないようにしてくださいね。胃腸が冷えて内蔵の機能が鈍ってしまうとせっかく太りづらい飲み方をしているのが台無しになってしまいますよ。

空きっ腹で飲まない

お腹が空いた状態でお酒を飲むとアルコールが一気に回って酔いやすくなります。また判断力が鈍り食べ過ぎの原因につながります。居酒屋などで飲む場合、まずは枝豆や冷奴など低カロリーのもので小腹を満たしてから飲むとよいでしょう。

初っ端から唐揚げを食べたくなる気持ち、よくわかります。おつまみランキング1位、2位を争うほど絶対に欠かせない存在ですよね。私も一皿ペロッと行っちゃうくらい大好きです。でも後々の事を考えて皆さんもここはちょっと我慢してくださいね。

女子には嬉しい!日本酒を飲むメリットは?

日本酒には約700種類もの栄養成分が含まれていて、昔から健康に良いとされる飲み物です。日本酒の効果は実にたくさんありますが、その中でも特に女子には嬉しい効果についていくつかご紹介します。

新陳代謝アップ

日本酒には体温上昇を助ける「アデノシン」という成分が多く含まれています。体温が高くなると免疫力が上がるという話を聞いたことがあるという人もいるかと思いますが、体温を上げることで新陳代謝もよくなります。

新陳代謝とは体の中の古い細胞が新しい細胞に入れ替わる状態のこと。つまりいつまでも若々しくいられるということになります。女子にとって「美」は永遠のテーマ。もはや飲まないという選択肢はありません。

また新陳代謝がよくなると血行もよくなり冷え性や肩こりが改善されます。冷え性の女性って多いですよね。

私も肩こりがひどく、夏でも足先が冷たいことがありますが、そんな時は人肌程度に温めた日本酒を飲むようにしています。体の緊張がほぐれ、適度に体も温まりおすすめですよ。

肌の調子を整える

日本酒には美肌を作る素となる栄養素のアミノ酸、ミネラル、ビタミンが多く含まれています。また、日本酒に含まれる麹菌には肌のシワやハリを取り戻す効果や保湿作用、シミの原因となるメラニンの抑制効果もあります。

年齢と共にお肌の悩みは増すばかり。あれこれ化粧品を試してみても効果はイマイチという人は多いはず。(私もです)体の中から栄養を取り入れることがやっぱり大事なんですね。日本酒はまさに美肌ドリンク。飲んで一緒にもっちり潤いのある白いお肌をゲットしましょう。

リフレッシュ効果

日本酒にはなんと100種類を超える香り成分が含まれていてアロマ効果が高いと言われています。リラックスするためにアロマを焚くという人も多いのではないでしょうか。でも、もっと身近にあって同じ効果があり、そしてその後美味しくいただけるとくれば私は迷わず日本酒を選びます(笑)

飲む前にス~っとゆっくり匂いを吸い込んでみて下さい。気持ちも落ち着き日本酒がさらにおいしくなること間違いなしですよ。

またリフレッシュする為には日本酒の温度も大事です。シャキッとしたい時には冷たい日本酒を、心も体も緩めてホッとしたいという時には温かい日本酒がおすすめです。その時々で温度を変えて飲めるのも日本酒の魅力の一つですよね。

カロリーオフのおすすめ日本酒

「カロリーは気になるけど美味しい日本酒が飲みたい!」という欲張りなあなたの為にカロリーオフでもちゃんと美味しいと評判の日本酒を2種類ご紹介します。

「今ちょっとダイエット中で…」とか「妊娠中または授乳中で飲みたくても飲めない」など女性ならではの事情ってありますよね。そんな時に是非試してみて下さい。

月桂冠スペシャルフリー

アルコール分0.00%、糖質0g!なのに大吟醸酒の香りと味わいを楽しめるノンアルコール、日本酒テイスト飲料がこちら。瓶もスタイリッシュでおしゃれですよね。ラベルも女子が好きそうなデザインです。

ちょっと甘めなので辛口や端麗系の日本酒が好きな人にはちょっと物足りないかもしれませんが、柚子が入っていることによりほんのり柑橘系のさわやかさがまたイイ感じです。大吟醸酒のようによく冷やしてから飲むのがおすすめですよ。

零の雫

アルコール分0.00%、添加物ゼロの純米酒テイスト飲料がこちら。原材料は日本酒と同じでお米と米麴のみ。しかも国産米を100%使用しているのでお米の旨味や甘みをしっかり感じることができますよ。

日本酒そのものの味とは少し違いますが、冷やしたりお燗にしたりと日本酒と同じような楽しみ方ができるので料理に合わせて飲み方を変えてみるのもいいですね。

まとめ

  1. 日本酒のカロリーが高いと思われている理由は原料がお米だからである
  2. 日本酒のカロリーは一度に飲む量のことも考えると他のお酒とさほど高いわけではない
  3. カロリーを気にする人は日本酒の飲み方にも工夫してみよう
  4. 日本酒は女子にとって嬉しいメリットがたくさんある飲み物である
  5. カロリーオフでも美味しい日本酒がある

今回は日本酒のカロリーが気になる女子に向けてお話ししてきましたがいかがだったでしょうか。日本酒に対するイメージは変わりましたか?

日本酒が他のお酒と比べて特別カロリーが高いというわけではありません。また、ちょっと工夫するだけでカロリーを気にせず飲むこともできます。

女子にとって日本酒はアンチエイジングも期待できる素晴らしい飲み物。これを機にあなたも日本酒女子の仲間入りしてみませんか。

サイト管理人プロフィール
  • 名前:KAZU
  • 正体:普段は会社員として働いている、しかし仕事をしながらも頭の中では日本酒のことしか考えていないウマヅラ男
  • 保有資格:唎酒師
  • 趣味:日本酒を飲む、日本酒を眺める、日本酒飲みながら風呂に入る、飲んだ日本酒のラベルをコレクションする
  • 覚醒のきっかけ:寒い冬の夜に飲んだ熱燗があまりにも美味しく、そこから私の日本酒愛が始まった
  • 詳しいプロフィールはこちら→【プロフィール】日本酒が変態的に好きすぎる男
  • 日本酒好きが集まるコミュニティーを作りました!匿名で参加できます!
    コミュニティーの登録はこちら

有名銘柄はなかなか手に入らない!
日本酒好きじゃなくとも一度は耳にしたことがある「獺祭」や「十四代」といった有名銘柄。飲んでみたいと思っても、手に入れること自体かなり大変です。
しかし、ちょっとしたコツを知ることで入手できるようになるかもしれません。
【唎酒師厳選】市場に出回らない幻の日本酒11選と入手方法を見る

使ったあとの徳利、ちゃんと洗えてる?
首元がキュッと細くなった特徴的な形をしている徳利。スポンジも入らないし、水と洗剤を入れてシャカシャカして終わり!…えっ、ホントにそれで大丈夫⁉

中の汚れを目で確認することもできないし、何より乾きづらい徳利は、ちゃんと洗えていないとカビが生えてしまうことも。そんな徳利で日本酒を飲んでいるとしたら…?
徳利の洗い方!ポイントがわかればだれでも簡単!を見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)