若き杜氏が醸す食卓に似合う日本酒!加茂錦の口コミ情報は?

日本酒の変態 KAZU

唎酒師(ききさけし)の資格を持つウマヅラの男。どうも日本酒の変態 KAZUです。寝ても覚めても日本酒のことばかり考えて生活中。

詳しいプロフィールはこちら

美味しい日本酒について語り合えるコミュニティーをこっそり作りました!匿名で参加できるので、ぜひ日本酒を飲みながら語り合いましょう!

コミュニティーの詳細はこちら

あなたが出会えている日本酒は「めちゃくちゃ少ない」という現実
実は、私たちがスーパーなどで身近に出会える日本酒は、日本酒全体からみればほんの少しなんです。いろんな日本酒が飲んでみたい、そう思いながらネットで検索する日々は今日で終わりにしましょう!

私は全国にあるたくさんの日本酒を自分で探すことなく、毎月新しい銘柄を楽しんでいます。しかもプロによって選ばれた美味しい日本酒が毎月楽しめたら嬉しくないですか?
>>プロが厳選した全国各地の美味しい日本酒を楽しむ方法!

最近、「密かに話題の日本酒」なる記事を目にし、中でも「加茂錦(かもにしき)」というお酒が、口コミ評価や若き杜氏といったキーワードで目立っていたので、非常に気になり記事にしてみました。

この記事では、加茂錦についての口コミ情報や酒造所情報、また、若き杜氏についてのちょっと変わったエピソードなどをご紹介します。

KAZU

俺たちの間ではもちろん高評価だけど、巷でも話題になったんだね。背景を知ってから飲むと一層美味しく感じられるので是非読んでみてくれ!!

加茂錦とは

ここでは、新潟県の地酒である加茂錦の巷での口コミ評価豊富な種類についてご紹介します。

使われている原料米は「山田錦」や「五百万石」、「雄町米」など様々で、程よいガス感があるものは乾杯酒として人気があり、苦味や甘みと相反する口コミがあったりと、飲む人を魅力する内容が多く見られます。

口コミ評価

ゆはな

「低アル」や「ほんのり甘く、ガス感」ってとこが、飲みやすさを象徴してるわね!スっと飲めそう!

豊富なラインナップ

飲んだ人の口コミ評価は好評である内容が多く見られました。

加茂錦は「荷札シリーズ」という変わったデザインのラベルで販売されており、それぞれ特徴が様々です。

ここでは豊富なラインナップについて見ていきましょう!

生詰原酒 純米大吟醸

最もレギュラータイプで、フレッシュな一品です。

加茂錦酒造がある新潟県の代表米「五百万石米」を使用し、落ち着いたスッキリとした味わいが特徴とも言えます。

新潟県の恵みだけで造られた日本酒で、後味がサラッとしており、知らぬ間にどんどん飲み進めてしまう事から、注意が必要ですね。

五百万石米
原料米80%使用
精米歩合50%
アルコール度数15度

黄水仙 純米大吟醸

山田錦とならび称される岡山県の雄町米を細かに改良を加え作り上げた日本酒です。

柔らかい甘みと酸味が特徴的で、ほんのり微炭酸が、その飲みやすさを実現しました。

乾杯酒としても使用された方がいる、との情報もあり、透き通った見た目や味から、きりっとした後味がしつこく残らない一品です。

雄町米
原料米80%
精米歩合50%
アルコール度数13度

純米大吟醸 短稈渡船(たんかんわたりぶね)

希少米である「短稈渡船」を使用した日本酒です。

雑呑みするのが勿体ないとの口コミもある程、芳醇な香りにほんのりと甘い味わいが特徴的です。

香りと味わいの両輪で楽しめる、希少価値の高い一品で、熟成という言葉がよく似合う味わい深いものとなっています。

短稈渡船(たんかんわたりぶね)
原料米80%
精米歩合50%
アルコール度数15度
KAZU

ちなみに短稈渡船(たんかんわたりぶね)って読めたかな?

日本酒の原料米で有名な山田錦の父親にあたる存在なんだって。

山田錦が主流になった為、そもそも短稈渡船自体入手困難なお米なんだって。

加茂錦酒造について

ここでは数々の日本酒好きを虜にした加茂錦を製造する「加茂錦酒造」についてご紹介します。

伝統的な酒造りをする老舗酒造でありますが、その一方で若くして杜氏となった田中悠一氏が受け継ぎ、斬新なアイデアにより日に日に味わいが改良されているとの事です。

酒造所の基本情報

創業:1893年

代表者:田中康久

杜氏:田中悠一

本社:新潟県加茂市仲町3-3

工場:新潟県新潟市秋葉区新保1291-1

TEL:0250ー61ー1411

新潟県の中央に位置する酒造所であり、創業から120年以上の歴史を誇ります。

大自然に囲まれた名峰栗ヶ岳を源とする加茂川の湧き水を使用し、水源に恵まれた環境であり、まさに酒造りには打って付けの場所に根差した酒造です。

創業時は酒造所の名前の由来ともなっている「加茂市」で小規模ながら新潟県内でも有名な酒造へ成長し、2000年代に現在の秋葉区へ工場移転を行いました。

若き杜氏

若干27歳でありながら、7代目の若き杜氏である田中悠一氏ですが、そのセンスと行動力で、将来の日本酒界を筆頭する存在となること間違いなしとも言われております。

自称、「大の日本酒好き」である彼が作った日本酒は、「食卓に似合うお酒」をモットーに、独特な癖がある味ではなく、食卓に添えるに相応しい味わいを目指して醸されているそうです。

独学で学んだ酒造り

酒造りのノウハウについては全て独学であり、大学で学んだ機械工学の知識を活用し、ホームセンターや廃材を利用し、自身でメインプログラムを作り出したりと、若さゆえの行動力を発揮する人物です。

トライアンドエラーを繰り返し、試行錯誤された「加茂錦」は、言わば常にアップデートされており、ラベルに描かれた「Ver(バージョン)」は、彼が味が進化した、と感じた時にだけ表される希少価値の高いラベルとなっております。

まとめ

  • 加茂錦について、飲まれた方の評価について
  • 種類が豊富で、それぞれ特徴的な味わい
  • 歴史ある酒造所の基本情報
  • 食卓に合わせた味わいを目指す20代の若き杜氏について
  • ホームセンターや廃材利用という斬新なアイデアで作り出される日本酒
  • アップデートされた時に表示される「Ver(バージョン)」

新潟県の自然が織りなす日本酒ですが、その味わいだけでなく、若き作り手の思いが感じられる日本酒です。

Ver表示があった際はどんな味わいのアップデートがあったのかを思い描きながら是非ともご賞味ください。

ゆはな

ラベルの表示がいつも同じじゃないなんて面白い。

同じ種類でも「Ver6」と「Ver9」では全く違うのかしら。

飲み比べしてみた~い!

サイト管理人プロフィール
  • 名前:KAZU
  • 正体:普段は会社員として働いている、しかし仕事をしながらも頭の中では日本酒のことしか考えていないウマヅラ男
  • 保有資格:唎酒師
  • 趣味:日本酒を飲む、日本酒を眺める、日本酒飲みながら風呂に入る、飲んだ日本酒のラベルをコレクションする
  • 覚醒のきっかけ:寒い冬の夜に飲んだ熱燗があまりにも美味しく、そこから私の日本酒愛が始まった
  • 詳しいプロフィールはこちら→【プロフィール】日本酒が変態的に好きすぎる男
  • 日本酒好きが集まるコミュニティーを作りました!匿名で参加できます!
    コミュニティーの登録はこちら

有名銘柄はなかなか手に入らない!
日本酒好きじゃなくとも一度は耳にしたことがある「獺祭」や「十四代」といった有名銘柄。飲んでみたいと思っても、手に入れること自体かなり大変です。
しかし、ちょっとしたコツを知ることで入手できるようになるかもしれません。
【唎酒師厳選】市場に出回らない幻の日本酒11選と入手方法を見る

使ったあとの徳利、ちゃんと洗えてる?
首元がキュッと細くなった特徴的な形をしている徳利。スポンジも入らないし、水と洗剤を入れてシャカシャカして終わり!…えっ、ホントにそれで大丈夫⁉

中の汚れを目で確認することもできないし、何より乾きづらい徳利は、ちゃんと洗えていないとカビが生えてしまうことも。そんな徳利で日本酒を飲んでいるとしたら…?
徳利の洗い方!ポイントがわかればだれでも簡単!を見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)