唎酒師の読み方は「ききさけし」!日本酒ソムリエの運命を変えた”日本酒”

日本酒の変態 KAZU

唎酒師(ききさけし)の資格を持つウマヅラの男。どうも日本酒の変態 KAZUです。寝ても覚めても日本酒のことばかり考えて生活中。

詳しいプロフィールはこちら

美味しい日本酒について語り合えるコミュニティーをこっそり作りました!匿名で参加できるので、ぜひ日本酒を飲みながら語り合いましょう!

コミュニティーの詳細はこちら

あなたが出会えている日本酒は「めちゃくちゃ少ない」という現実
実は、私たちがスーパーなどで身近に出会える日本酒は、日本酒全体からみればほんの少しなんです。いろんな日本酒が飲んでみたい、そう思いながらネットで検索する日々は今日で終わりにしましょう!

私は全国にあるたくさんの日本酒を自分で探すことなく、毎月新しい銘柄を楽しんでいます。しかもプロによって選ばれた美味しい日本酒が毎月楽しめたら嬉しくないですか?
>>プロが厳選した全国各地の美味しい日本酒を楽しむ方法!

唎酒師 になりたいです。

唎酒師って知ってますか?
読み方って分かりますか?

出会った人の心が明るくなるような
そんな、お手伝いが出来るお仕事したいな。

唎酒師「ききさけし」とは

唎酒師とは、「ききさけし」と読みます。

お客様に心地よく”日本酒”を楽しんで頂きたい

お客様の心が満たさる心地よいイメージを作りたい

お客様のご要求に合わせ最良の”日本酒”をご案内する

それが、唎酒師「ききさけし」です。

唎酒師が日本酒を通じて提案してきたもの
日本酒は、”食卓を明るくし、心が満たされ、感動的で楽しんで頂くもの”
お客様を第一に考えること、心気持ちよくリラックスできる場をご案内する
このような想いを大切にしています。私、唎酒師KAZUのコンセプトでもあります。


唎酒師「ききさけし」の人生観

私KAZUは、「唎酒師ききさけし」です。
かっこよく、日本酒ソムリエとも呼ばれてます。

日本酒に魅了され「人生が変わる」と運命を感じました
突然、まったく無知だった”唎酒師”になると決意し始めてみました。

人生を変えると歩み始め、「唎酒師」という人生観を見つけ手に入れました。

自己紹介:私が利き酒師を目指した理由とは?

唎酒師「ききさけし」の魅力

唎酒師(ききさけし)への興味を持って頂けますように
今、読んで頂いている「あなた」に魅力を伝えられたら
良いなと思い記事を書かせて頂きました。

簡単に 唎酒師はお酒を選ぶ人だけで見てしまうと
すごく面白みがないと感じてしまいますよね。

例えば、ネットや本の広い情報は一般的なお酒の情報を提供されていますね
お客様お一人お一人に合ったオーダーメイドの情報ではないんです

唎酒師は、お客様に合った心に響くサービスをご提供できます。
「お客様がどのように感じるかで、情報の質と価値は変わります」

お客様に寄り添い適格なアドバイスをして
喜んでもらえて、”感謝”を頂けるお仕事なんです。

  • 喜んでもらえる
  • 楽しんでもらえる
  • 笑顔をもらえる

唎酒師は、お客様の心に寄り添い、言葉を良く聞き
何をご提供したら喜んで頂けるか
心の声に応える素敵なお仕事です。

唎酒師(ききさけし)の世界観に
興味を頂けたら嬉しいです。

唎酒師「ききさけし」のルーツ

唎酒師は、ホテルやイベントやなどで会える機会がありますね。

自信に満ち溢れた立ち振る舞い、日本酒を分析するテイスティング
お客様を理解し、日本酒の知識と料理の組み合わせと
お店の空間を多角的な視点で読み解き
最良の日本酒を導く出すスキルには圧倒されますね。

唎酒師は、 プロならではの仕切りが高いスキルだと思われがちですが
趣味でやられている方も沢山いらっしゃいます。

唎酒師 のルーツをご紹介します。

  1. 利き酒の歴史
  2. 唎酒師の資格
  3. 唎酒師の技術

詳しくご案内しますね。

① 利き酒の歴史

唎酒師の歴史は、日本書紀より受け継がれている由緒正しき歴史があります。
当時より、お客様のご要求に合う日本酒を見つける技術は必要とされていました。

詳しい歴史については「ウィキペディア」を引用させて頂きました。

古くは『日本書紀』に詠われているように利き酒は古来から行われていた[1]。「利き酒」という言葉は室町時代後期には専門語化されており、利き酒によって酒の値段が決められていた[2][注釈 1]。

引用:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

②唎酒師の資格

唎酒師 には資格があります。

プロの唎酒師として、仕事として証明できる資格です。
お客様に最良の日本酒をご案内させて頂く技術に加えて
日本の心”おもてなしの技術”、日本酒の良さをたくさんの人に伝える技術
責任感を身に付けパーソナリティを学ぶことができます。

資格は、日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会(SSI)より発行され
1991年に制定され資格取得者は4万人以上に増え人気の資格となっています。

スキルを身に付けることは、心身ともに成長できますね。
詳しくは、「SSI」を引用させて頂きます。

日本酒・焼酎を楽しむための消費者向け資格・検定

当会では、消費者の皆様への日本酒・焼酎の啓発普及を目的とした資格・検定を行ってます。
これら資格・検定を通じ、日本の「伝統食文化の粋」である日本酒・焼酎を、より楽しんでいただくことを視点に、その価値をご理解いただくことを第一に考え、そのことに必要な知識や飲用ノウハウをご提供させていただいています。

引用:唎酒師になるための資格「日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会(SSI)」

引用:YouTube 方舟つまみSAKEちゃんねる

③唎酒師の技術

唎酒師の醍醐味は「お客様に喜んで頂ける」ここに尽きますね。
お客様との良好な関係を作ることが出来る技術があります。

利き酒の技術は、お客様のご要望から会話の中にある見えないご要望まで見つけ出し
日本酒を出すタイミングから、合わせるお料理、雰囲気に合う食器を組み合わせていきます。
お客様の個性と日本酒の個性をマッチングさせ感動を頂くことが出来ます。

唎酒師の歴史は古き良き時代より引き継がれた
おもてなし」の心を伝える日本の伝統が誇る技術です。

まとめ

  1. 唎酒師は、「ききさけし」と読む
  2. 唎酒師は、感謝を頂けるお仕事
  3. 唎酒師は、日本が誇る技術

唎酒師は、お客様の生活を明るくするお手伝いを出来ます。

お客様の心を掴んだ日本酒の美味しさは
気分を上げることが出来ると思います。

食卓に合わせた素敵な日本酒一つで
パッと空間が華やかになると思うんです。

今このご時世は、気持ちが下がることが多いと思います
少しでもライフスタイルを明るくするお手伝いを
KAZUが出来たらいいなと日々思っています。

サイト管理人プロフィール
  • 名前:KAZU
  • 正体:普段は会社員として働いている、しかし仕事をしながらも頭の中では日本酒のことしか考えていないウマヅラ男
  • 保有資格:唎酒師
  • 趣味:日本酒を飲む、日本酒を眺める、日本酒飲みながら風呂に入る、飲んだ日本酒のラベルをコレクションする
  • 覚醒のきっかけ:寒い冬の夜に飲んだ熱燗があまりにも美味しく、そこから私の日本酒愛が始まった
  • 詳しいプロフィールはこちら→【プロフィール】日本酒が変態的に好きすぎる男
  • 日本酒好きが集まるコミュニティーを作りました!匿名で参加できます!
    コミュニティーの登録はこちら

有名銘柄はなかなか手に入らない!
日本酒好きじゃなくとも一度は耳にしたことがある「獺祭」や「十四代」といった有名銘柄。飲んでみたいと思っても、手に入れること自体かなり大変です。
しかし、ちょっとしたコツを知ることで入手できるようになるかもしれません。
【唎酒師厳選】市場に出回らない幻の日本酒11選と入手方法を見る

使ったあとの徳利、ちゃんと洗えてる?
首元がキュッと細くなった特徴的な形をしている徳利。スポンジも入らないし、水と洗剤を入れてシャカシャカして終わり!…えっ、ホントにそれで大丈夫⁉

中の汚れを目で確認することもできないし、何より乾きづらい徳利は、ちゃんと洗えていないとカビが生えてしまうことも。そんな徳利で日本酒を飲んでいるとしたら…?
徳利の洗い方!ポイントがわかればだれでも簡単!を見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)