鹿児島が生んだ日本酒、天賦純米の口コミは?購入前に要チェック!

日本酒の変態 KAZU

唎酒師(ききさけし)の資格を持つウマヅラの男。どうも日本酒の変態 KAZUです。寝ても覚めても日本酒のことばかり考えて生活中。

詳しいプロフィールはこちら

美味しい日本酒について語り合えるコミュニティーをこっそり作りました!匿名で参加できるので、ぜひ日本酒を飲みながら語り合いましょう!

コミュニティーの詳細はこちら

あなたが出会えている日本酒は「めちゃくちゃ少ない」という現実
実は、私たちがスーパーなどで身近に出会える日本酒は、日本酒全体からみればほんの少しなんです。いろんな日本酒が飲んでみたい、そう思いながらネットで検索する日々は今日で終わりにしましょう!

私は全国にあるたくさんの日本酒を自分で探すことなく、毎月新しい銘柄を楽しんでいます。しかもプロによって選ばれた美味しい日本酒が毎月楽しめたら嬉しくないですか?
>>プロが厳選した全国各地の美味しい日本酒を楽しむ方法!

「天賦 純米酒」はこんな方におすすめ!
  • 鹿児島の日本酒が気になる方
  • フルーティーな日本酒が好きな方
  • ドライなテイストが好きな方

鹿児島といったら、どんなお酒を思い浮かべますか?たいていの人は、焼酎を思いうかべるのではないでしょうか。そんな焼酎王国である鹿児島の西酒造株式会社から日本酒が誕生しています。

今回、ご紹介するのは「天賦純米」。この天賦純米は、2020年の9月に誕生した天賦純米吟醸に続いての第ニ弾。

私は、天賦純米を購入するために酒屋さんを数件まわったのですが、残念ながら購入することができませんでした。

なぜ、購入できなかったのかその理由や購入方法などをご紹介したいと思います。

KAZU

購入前の無駄足にならないためにも、ぜひ参考にしてみてね!

「天賦純米」を生んだ西酒造株式会社

西酒造株式会社は、鹿児島県日置市吹上浜町にある、1845年創業の歴史ある焼酎蔵です。日置市といえば、「吹上浜」が有名ですよね。そんな豊かな自然や土壌などがあいまって、銘酒が生まれるのではないでしょうか。

私ごとですが、西酒造の富乃宝山は焼酎ブームのころに飲んでみたことがありました。黄麹仕込みの焼酎で、スッキリとしてフルーティーな味わい。飲みやすく女性にもおすすめできる焼酎でした。

実際に、いとこのおばちゃんが「この焼酎美味しいね!」とあたりまえのように飲まれ、一升瓶が空っぽになったことがありました。そんな、思い出がある焼酎です。

代表作は、富乃宝山、吉兆宝山、天使の誘惑など。創業1845年という歴史ある焼酎蔵から誕生した「天賦純米」とは、どんな日本酒なのでしょうか?

天賦純米とはこういった日本酒です

原材料名米(国産)、米麹(国産米)
精米歩合60%
原料米国産米100%使用
アルコール分15度
内容量300ml
品目日本酒
特定名称純米酒

引用元:西酒造株式会社ホームページ

8代目当主の西陽一郎社長と「十四代」を生んだ山形の高木酒造の高木顕統氏は大学の先輩後輩の間柄になります。銘酒「十四代」と「天賦」の造り手さんは意外なつながりがあったのですね。

そして、「天賦」を造るにあたり高木氏にアドバイスを受けたそうです。焼酎王国と知られる鹿児島なのですが、鹿児島で日本酒が造られるようになったのは近年のこと。※九州での日本酒造りは、佐賀県が盛んなようです。

温暖な鹿児島でも造れる焼酎とは違い、なぜ日本酒造りは近年だったのでしょうか?

その理由は、日本酒を造るには温度管理が重要になるからです。日本酒は冬に造られるのですが、温暖な鹿児島では非常に難しいことだったのです。

しかし、近年の技術の進歩や新たな設備を導入することで、温暖な鹿児島でも日本酒造りができるようになりました。今では、すぐれた設備のおかげで年間をとおして日本酒造りができるようになったようです。

2020年の夏に清酒製造免許を取得し、西酒造株式会社から2020年の9月に第一弾となる「天賦純米吟醸」が誕生したのです。

日本酒の製造には、焼酎製造の免許だけではなく清酒製造の免許が必要なのですね。今回、ご紹介している「天賦純米」は2021年1月に誕生しました。

天賦純米の純米酒とはどういったお酒なの?

純米酒とは、米、米麹、水だけで造られた日本酒のことです。純米酒は、米と水だけで造られているので、食事との相性はばっちりです。食中酒として楽しめます。

純米酒は、米と水だけで原料がシンプルなだけに、その味わいをさまざまな温度帯で楽しめるのも特徴です。

こちらでは、純米酒についてくわしく説明しているので参考にしてみてください。

実際に飲んでみた方の口コミをご紹介!

KAZU

「天賦純米」の口コミをご紹介していくよ。Twitterでの評判はどうかな?

天賦純米の1つ目のツイートはこちら

天賦純米の2つ目のツイートはこちら

天賦純米の3つ目のツイートはこちら

ネットでの口コミをまとめてみました

天賦純米の口コミ
  • 職場の先輩が鹿児島出身で、天賦純米の話は聞いていました。飲み口は少々重いように感じましたが、クセがなくスッキリして飲みやすかったです。
  • 前回は、天賦純米吟醸を試してみました。今回は天賦の純米酒。お手頃価格で300mlとあったので試してみました。やわらかな香りでクセもありません。欲をいえばシャープな飲み口でもよかったかな?と思いました。
  • 鹿児島では焼酎が有名ですが、その鹿児島が生んだ日本酒の天賦。試してみたかったので購入してみました。飲んでみると「うまい!」。フルーティーな香りでほんのりパイナップルのような甘みがあり、さわやかな飲み口でした。
  • 300mlで660円は、お試しするのには嬉しい価格!飲み比べるにはおすすめです。
  • クセがなく飲みやすいのですが、少し薄いように感じます。
  • 天賦純米は300mlしかないのでこのサイズを買ってみました。飲んでみて美味しかったです。一升瓶サイズの発売が楽しみです。
KAZU

口コミを見てみると、クセもなく飲みやすいようだね!フルーティーな香りでほんのりパイナップルのような甘みがあるのも魅力的。自分でブログを書いてて、なぜか意地でも飲んでみたくなってきました!

購入するにあたっての注意点

冒頭でもお伝えしたように、私は酒屋さんをまわったり電話をかけまくったのですが、残念ながら天賦純米を探しあてることはできませんでした。

なぜ、どこを探しても見つからなかったのかというと、天賦純米は鹿児島先行販売だったからなのです。

どうりで、どこを探しても見つからないわけです。また、天賦純米は300mlのみの販売となっています。 ※「初代正作地酒頒布会」では、店頭非売品の別注酒として一升瓶サイズがあったようです。

鹿児島先行販売は、「しばらくの間」となっています。発売日が令和3年1月となっており、発売されてから時間がたっています。

いつ、一般的に販売されるのかわからないため、ホームページなどをチェックしとくとよいかもしれません。

天賦純米酒はどこで買えるの?

私の場合、近所の酒屋さんには取り扱っていなかったため、ネットで購入できるのか調べてみました。すると、楽天市場とYahoo!ショッピング、オンラインストアなどで取り扱っていました。

ただし、送料が高い!

  • 楽天市場 660円(税込) 送料1320円(東京)
  • Amazon 取り扱いなし
  • Yahoo!ショッピング 660円(税込) 送料1580円(東京)
  • オンラインストアIMADEYA 660円(税込) 送料)715円(東京)
  • オンラインストア蔵元特約店 660円(税込) 送料946円(東京)

※送料は各地域によって異なります。

送料だけでも天賦純米が約1~2本、他の地域だと3本購入できます。送料が高くても手に入れるのかどうか悩ましいところでもあります。

もはや、鹿児島までひとっ走り行くしかありません!

鹿児島の酒屋さんで、天賦シリーズを取り扱っているのがコセド酒店。本店と天文館店と2店舗あります。電車で行くと鹿児島中央駅から近い天文館店の方がよさそうですね。

宮崎駅から車で約3時間ほど。鹿児島近辺の方は行ってみる価値はあるかもしれません。遠方の方はネットで購入する方がよさそうですね。

まとめ

  • 天賦純米を生んだ西酒造株式会社は、1845年創業の歴史ある焼酎蔵。富乃宝山、吉兆宝山、天使の誘惑などの焼酎が有名。そんな歴史ある焼酎蔵だから日本酒造りも期待できる。
  • 温暖な鹿児島での日本酒造りは困難だったが、設備の進歩や造り手さんの努力により南国鹿児島でも年間とおして日本酒造りが可能になった。
  • 純米酒とは、米と米麹と水だけのシンプルなお酒。さまざまな温度帯で楽しめるのも特徴。
  • 全体的な口コミはよい。「フルーティーでほんのりパイナップルのような甘みがある」「スッキリとして飲みやすい」という口コミが多かった。購入する価値あり。
  • 鹿児島先行販売というのが難点。一般的に販売するのを期待したい。
  • 楽天市場、Yahoo!ショッピング、オンラインストアなどで購入できるが送料が割高。どうしても今すぐ手に入れたい人は購入してもいいかも?

いかがだったでしょうか。

天賦純米の口コミを見てみると、飲みやすくて美味しいという声が多いですね。「フルーティーでほんのりパイナップルのような甘みがある」というのが天賦純米の特徴のようです。

天賦純米は、口コミを見るかぎり間違いなくおすすめできるお酒です。しかし、今は鹿児島先行販売のようなので手に入れにくい状況なのが難点ですね。

しかも、ネットで購入すると送料が高い!それか、手に入れやすくなるまで待つしかありません。しかし、「手に入れにくい」となると人は手に入れたくなるものですよね?

私は性格上、「絶対手に入れたくなる方」です。意地でも手に入れてみようと思っています。

手に入れるか手に入れないかはあなた次第です。

鹿児島の日本酒についてはこちらの記事がおすすめです。

サイト管理人プロフィール
  • 名前:KAZU
  • 正体:普段は会社員として働いている、しかし仕事をしながらも頭の中では日本酒のことしか考えていないウマヅラ男
  • 保有資格:唎酒師
  • 趣味:日本酒を飲む、日本酒を眺める、日本酒飲みながら風呂に入る、飲んだ日本酒のラベルをコレクションする
  • 覚醒のきっかけ:寒い冬の夜に飲んだ熱燗があまりにも美味しく、そこから私の日本酒愛が始まった
  • 詳しいプロフィールはこちら→【プロフィール】日本酒が変態的に好きすぎる男
  • 日本酒好きが集まるコミュニティーを作りました!匿名で参加できます!
    コミュニティーの登録はこちら

有名銘柄はなかなか手に入らない!
日本酒好きじゃなくとも一度は耳にしたことがある「獺祭」や「十四代」といった有名銘柄。飲んでみたいと思っても、手に入れること自体かなり大変です。
しかし、ちょっとしたコツを知ることで入手できるようになるかもしれません。
【唎酒師厳選】市場に出回らない幻の日本酒11選と入手方法を見る

使ったあとの徳利、ちゃんと洗えてる?
首元がキュッと細くなった特徴的な形をしている徳利。スポンジも入らないし、水と洗剤を入れてシャカシャカして終わり!…えっ、ホントにそれで大丈夫⁉

中の汚れを目で確認することもできないし、何より乾きづらい徳利は、ちゃんと洗えていないとカビが生えてしまうことも。そんな徳利で日本酒を飲んでいるとしたら…?
徳利の洗い方!ポイントがわかればだれでも簡単!を見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)